なんちゃってエンジニアの奮闘記

テクテクとつける開発日記

PhpStormのライセンスの購入方法

ご無沙汰です。

今回は、PhpStormの購入方法を設定について書きます。

PhpStormとは

統合されたPHP開発環境

PhpStormはコード補完、リファクタリング、コード分析、ナビゲーション、デバッガ、ユニットテストなど豊富な機能を備えたプロ用のPHP IDEです。また>SQLや様々なバージョン管理システムと連携できるだけでなく、HTML、CSSJavaScriptXMLなどの編集において優れたユーザーエクスペリエンスをも>たらします。 PHPを使わないシンプルなHTML/JavaScript IDEとしてはWebStormをおすすめします。

僕は、業務でPhpStormを使用しています。 これを使ったら他のエディタが使えないくらい重宝してます。

メリット

  • Frameworkに最適化されている
  • 流行りのLaravelからSymfony2, Twigのコード保管がプラグインで行える
  • チームのコーディング規約に乗っ取って、設定を変更が出来る

デメリット

  • 年間の費用がかかる お金がかかってしまうんですよ。 初回購入で9,000円くらいでした。 今だと9,828円(2017年7月2日現在)

  • 設定が面倒 生のPhpStormでは、サーバーへのファイルの自動アップロードとかが設定されていないので、 自分設定しないといけない

でも買って損はなし!!

ということで、PhpStormライセンスの購入方法

まずは、PhpStorm本体をダウンロード

www.jetbrains.com

こちらの公式サイトからアクセスし、 本体をダウンロードしてください。

ユーザー登録を求められますので、 登録をしてください。

初めてダウンロードする場合は、 ダウンロードしてから30日間は、無料で全て機能が使えるので、 無料期間が終わって気に入ったらライセンスを購入するのでもいいです。 (僕はそうしました)

次にPhpStormの公式ライセンスを購入!

samuraism.com

日本語だとこちら、 クレジットカードを登録し、購入を行うと アクティベーションコードが発行されます。

あとは、PhpStormを開き、 コードを入力すれば、自動的に認証されます。

以上です。 快適な開発環境で楽しく開発していきましょう!

ではではまた